美容情報、あたらしいわたし
contents

二重

幅が広くてぱっちりとした二重にしたければ切開法の二重手術が向いていると一般的に言われています。

切開法は、二重の希望の線に沿ってメスで切開します。その後、余分な脂肪や皮膚を除去し、縫合します。

傷あとが二重の線になるので目立ちにくく、より自然にみえるようです。
手術後は目が腫れますので、できるだけ外出は避けた方が良いでしょう。

割引制度と二重整形

美容外科の中にはキャンペーンを一時的に行っている事もあり、その期間中は割引価格で二重整形を受ける事ができるという場合もあります。

確かに、すべての費用を負担しないといけない二重整形における割引制度は魅力的に感じる事もあるでしょう。また、かなりの金額を割り引いている場合もあります。

しかし、これは健康に関わる事もあります。

一生に関わる事ですので、目先の損得にとらわれすぎるのではなくて、本当にいいかどうかという事を見極めてから決めたいですね。

美容外科のキャンペーン期間に無理に合わせるのではなく、納得できるまで時間をかけたいです。

控えておくというのも場合によっては選択肢の一つとなる事もあるでしょう。

美容整形においての二重整形のメリット

美容整形においての二重整形のメリットは、大きいことがあげられるでしょう。医療の進化に伴い美容外科や専門のクリニックでは、自然な整形が可能になりつつあります。身体への影響や痛みなども以前に比べて減少している傾向にありますので、安心して施術を受けられるようになったでしょう。

そのなかでも二重まぶたを実現できる二重整形は、根強い人気があることがあげられ、多くの人が施術を受けていることが言えます。方法については切開法と埋没法がありますので、自身に適した方法で施術をおこなっていくことが、大切になりでしょう。

美容整形での二重整形をおこなうべきか

美容整形での二重整形をおこなうべきかどうかは、コンプレックスの度合いによっても変わってくるでしょう。一重まぶたが似合う東洋人はアジアンビューティーとして、世界から注目を受けている人もいます。

日本国内においては欧米顔が流行り顔になっているため、二重まぶたにしたい人が急増していることが言えます。そのような広い視点で考えると迷う人もいるでしょう。そのような人には埋没法がおすすめです。

埋没法をおこなうことによって、二重まぶたを試してみることができ、縫い合わせた糸を抜けば元の一重にもなりますので、試しにやってみたい人は埋没法をおこなうことが適しているでしょう。

美容整形である二重整形について

美容整形である二重整形は、一重や奥二重のまぶたを二重まぶたする方法になります。世界的に見ると欧米人や黒人は二重まぶたであるケースが多いことがあげられます。しかしながら、日本人においては一重まぶたのケースもあり、人によってはコンプレックスに感じている人も多くいるようです。

そのようなケースにおいては二重整形をおすすめします。二重の整形に抵抗があるようであれば、元のまぶたの状態に戻すことのできる埋没法がおすすめです。また、ぱっちりとした二重を半永久的に維持していきたいのであれば、切開法がおすすめです。

二重整形について

favorite links