美容情報、あたらしいわたし
contents

切開口が必要な脂肪吸引

できるだけ切る事なく脂肪吸引を受ける事ができればいいのですが、どうしてもカニューレを通すための切開口が必要になります。しかし、脂肪吸引における切開口というのは、それほど大きな傷となる分けではありません。

また、脂肪吸引の際にできる傷口が過度に負担となる事がない様に、手術が行われる時には、スキンプロテクターが用いられる事もあります。傷自体は大きくありませんが、脂肪吸引はより広い範囲に行う事が可能となります。

足や手などに脂肪吸引を行う場合には、切開口は複数の箇所にできる事になります。普通にしている時に、できるだけ見えにくい場所に切開口ができる様に調整しながら手術が行われます。

脂肪吸引と激しい運動

どうしても脂肪吸引を受けると、一定の期間は激しい運動をする事を控えないといけない事もあります。ジムに通うなどして定期的に激しい運動をしている人が、脂肪吸引を受けた場合には、少しの間はお休みしないといけない事もあります。

また、激しく動き回る仕事をしている人が、脂肪吸引を受ける場合には、休みが取りにくい事もある様です。有給を利用して脂肪吸引を受ける人もいます。不安な人は、医師から説明を受けているよりも少し長めに休みを取っておくのもいいでしょう。脂肪吸引は回復するまでが大事な期間となります。無理をする事がない様にしましょう。手術の後は、しばらく予定を入れない様にしましょう。

脂肪吸引と仕事の再開

痛みが発生し、また回復に時間がかかりますので、脂肪吸引を受けると、仕事を再開するまでに少し時間がかかってしまう事もあります。脂肪吸引を受けると、いつから仕事に復帰する事ができるのかという事は、医師に相談しておきましょう。

また、脂肪吸引をする箇所によっても、仕事に影響しやすいかどうかという事は違ってきますし、また仕事の内容にもよります。脂肪吸引を受けた後には、できるだけ早く仕事に復帰したいという人は多い様ですが、あらゆる事を考えると、できるだけ余裕を持って脂肪吸引の後は長めに休む事ができればいいでしょう。力仕事をしている人であれば、仕事の再開により長い時間を必要とする事もあります。

シャワーと脂肪吸引について

毎日入浴するという人が多いと思いますが、脂肪吸引を受けた後に関しては、少しの間シャワーを控えないといけない事もあります。脂肪吸引の後は、傷の部分に水がかからない様にしないといけない事もあります。

脂肪吸引を行った傷の部分には、テープなどで保護をする事で、入浴が可能となる事もあります。汗をかきやすい時期もあると思いますので、脂肪吸引の前にはできるだけシャワーを浴びておくなど工夫しましょう。脂肪吸引の後は、少しの間我慢しないといけない事がいくらか出てくる事もあります。体にダメージとなる事はできるだけ控える様にしましょう。回復する事ができれば、以前の様に普通に生活できます。

足に行う脂肪吸引

ボトムをきれいに履きこなしたい人などが、脂肪吸引を足に受ける事もあります。足に脂肪吸引を受けると、体型をきれいに見せる効果があるでしょう。しかし、脂肪吸引を足に行うと、手術を受けた当日に帰宅するのに、足に痛みがあると歩きにくくなるという事が想定されます。

足に脂肪吸引を受けるのはいいですが、どの様な手段で帰宅するのかという事を考えておかないといけません。また、脂肪吸引を受けると、痛みも続く事もありますので、自分で車の運転をしたりする事も難しくなるという可能性も考えられます。初めて手術を受ける人であれば、痛みがどの程度発生するのかという事が分からない場合もあるので、備えておきましょう。

脂肪吸引について

favorite links