美容情報、あたらしいわたし
contents

ヒアルロン酸を注入するプチ豊胸

最近はヒアルロン酸を注入するプチ豊胸が注目を集めています。ヒアルロン酸は体内の水分を維持するために必要な成分で、健康食品やサプリメントなどで販売もされています。

ヒアルロン酸を取り入れることで皮膚の水分量が増えたり、保湿をする効果が期待されますが、プチ豊胸では、胸を大きくするために使用されています。注射器で注入するので傷跡が目立ちにくい自然な豊胸をすることが出来ます。

価格も通常の豊胸手術よりもお手軽ですが、時間が経つにつれて体内に吸収されるので維持が難しいようです。美容にも効くヒアルロン酸でプルプルのバストを手に入れてみませんか?

美容整形での豊胸術について

美容整形での豊胸術はおなじみの施術メニューになりましたが、施術の種類がさまざまあることから、どの様な方法でバストアップをしようかと迷う人もいることでしょう。豊胸術については、シリコン製のバックを挿入することでしっかりとバストアップする方法があります。

またその他にも、触っても自然な仕上がりで美容整形と思えない脂肪注入法や、手軽にバストアップをすることができるヒアルロン酸注入法があります。どの施術方法が自分に合っているか見極める事は非常に大切なことであります。ドクターも相談にのってくれますので、しっかりと決断した上で施術を受ける様にしましょう。

さまざまなな豊胸手術

大きいバストは女性のシンボルとも言えます。
胸を今よりも大きくしたいと思う気持ちは不自然なことではありません。

美容外科で行う豊胸手術はそんな願いを叶えることができます。
最近は自分の脂肪を注入する方法やヒアルロン酸を注射で注入する方法などさまざまなな豊胸手術があります。

それぞれ特徴が違いますが、医学の進歩により理想の大きさや形を手に入れることができるようになりました。

悩んでいる人は勇気を出して美容外科へ行ってみてはいかがでしょうか。

脂肪注入による豊胸術の注意点

小さなバストを卒業しせっかく脂肪注入による豊胸術で、バストアップしてもアフターケアが失敗してしまい、十分なバストアップの効果を得られなかった人もいます。アフターケアの一環として気をつけたい事はバストを圧迫する行為そのものです。

とくにワイヤーが入ったブラなどは三ヶ月あまり装着することをやめた方がいいでしょう。また、ニコチンによっても大きく影響を受けますので、できる限り喫煙は避けた方がいいと言えるでしょう。意を決して美容整形を受けたことでしょうから、アフターケアも怠らずしっかりと対応する様にしましょう。

さまざまな豊胸術を紹介

美容整形において、さまざまな豊胸術が存在します。「バッグ挿入法」です。「バッグ挿入法」は、体の一部切開してシリコン製のバッグを胸に埋め込みます。充填物にはさまざまな種類があります。お椀のようなラウンド型や、下部が大きい釣鐘のようなアナトミカル型などがあります。

そして「脂肪注入法」が挙げられます。これは腹部などの自分の脂肪を吸引して、乳房に抽出した皮下脂肪を移植する方法です。極端なバストアップを望まない場合などに有効です。最後に「コンデンスリッチファット法(CRF法)」があります。「コンデンスリッチファット法」は、脂肪幹細胞移植を応用した手法です。

豊胸について

favorite links
category